沖縄の旅行は、主に三つのエリアに分かれている

沖縄の旅行プランを考える場合は、沖縄の三つのエリアについて押さえておかなければなりません。沖縄は、北部、中部、南部と分かれており、それぞれ特徴を持ち合わせています。北部は、昔ながらの沖縄の風景が強く残されている地域もあり、自然を求める場合に最適です。中部は、米軍基地が集まる地域として、アメリカの文化の影響を強く受けています。最後の南部は、王様の居城である首里城を中心として発展して来ました。沖縄の文化として自然崇拝も強く残されており、霊的な関わりの深いパワースポットも南部に集まっているのです。

 

帰宅時間を考慮して、最後の日は南部になる様に

沖縄本島は、小さな島だと思われている人もいますよね。沖縄は、車社会としても有名であり、渋滞も珍しくはありません。北部と南部を結ぶ国道や高速道路は、渋滞が起きやすい場所の一つです。帰宅時の飛行機に間に合わない可能性もあり、沖縄旅行を知り尽くしている人は、最後の日は、南部で宿泊するのが王道として挙げられます。修学旅行の計画プランは、最後の日は、必ず南部での宿泊が一般的です。南部にある国際通りは、お土産を買う場所としてもメジャーです。北部を最終日にすると、お土産の問題なども起きてしまうでしょう。

 

沖縄旅行で押さえておく観光スポット

沖縄県が観光として押している施設は、北部にある沖縄美ら海水族館が挙げられます。海の中にいる様な雰囲気を楽しめる人気のスポットです。沖縄で最も観光客が多いのは、パワースポットとして有名な南部にある斎場御嶽も挙げられます。屋久島の様に、空気に神聖さがあり、独特な雰囲気を味わえるでしょう。